前へ
次へ

男性は保険などを見直しておこう

独身ならば、健康だから病気にならない、万が一大病になっても病院には行きたくないなど、表現は悪いかもしれませんが身勝手な考えでも問題はありません。
ですが大抵は、結婚して数年後に住宅ローンを組み、家を購入します。
やがて子供が生まれ、成長して進学となると、住宅ローンに加えて教育費が家計を圧迫します。
就職難などで住宅ローンが終わらない、さらに親の看護や介護問題も出てきます。
独身の男性や、今段取りを進める男性は、自分の家族の未来を守るのは自分しかいないという自覚を持って準備すべきです。
保険の見直し、住宅にかける費用の検討、老後資金づくりも預貯金一辺倒ではなく、しっかり運用しましょう。
将来も含めたライフプランに即した資金計画は、ファイナンシャルプランニングといい、専門にアドバイスする有資格者をファイナンシャルプランナーといいます。
結婚して、老後の生活までに直接的に影響を及ぼすことまで教えてくれますから、ベストパートナーに見つけておきましょう。

Page Top