前へ
次へ

結婚とは書類のことではあるのですが

結婚をするということはお互いに義務が発生するということでもありますのでその辺をよく理解しておくべきではあるのですが基本的には好き合っているからこそ、結婚というのはすることになります。
両性の同意に基づいてのみ行われることであるということが明確にされているのは不本意ではあるが婚姻をしなければならないというような人が世の中には昔はたくさんいたということです。
金銭的なこともありますし、家の都合上そうしなければならないというようなことがあったりするわけであり、それはそれで仕方ないことであるといえるでしょう。
ですから現在では当然許可が必要という状況もあるのですが最終的にはお互いの同意というのがないとダメということになります。
しかし、実は届出自体は本人たちでなくても提出することができるということがあったりするので不受理届というものを出しておかないと勝手に結婚させられるという人が世の中には結構いたりします。

Page Top